無線機器測定法の実際 - 高野光祥

高野光祥 無線機器測定法の実際

Add: lalahu1 - Date: 2020-12-18 22:53:27 - Views: 5145 - Clicks: 4221

518 。 isbn 。。 価格 。 ¥3000 。 書誌番号 。。 内容紹介 。 具体的な測定の実務と経験を反映させた無線機器の測定法の解説書。. 問合せ先責任者 IR推進部長 高野 光祥 tel(百万円未満切捨て) 1. 無線機器測定法の実際(電略ムソ) タイトル読み. 518/n 3: 画像lsiシステム設計技術: 榎本/忠儀‖編著: コロナ社:. Read, highlight, and take notes, across web, tablet, and phone. 無線機器測定法の実際: 著者: 高野光祥, 中川永伸: 寄与者: テレコムエンジニアリングセンター: 出版社: 電気通信振興会, : ISBN:,: ページ数: 331 ページ : 引用のエクスポート: BiBTeX EndNote RefMan. 今回本研究を行ってみて加速度センサでの位置推定は時間が経過すればするほど誤差は蓄積してしまう為、非常に苦労した。長時間での位置測定の場合は定期的にリセットをする方法や除去する方法が必要だろう。 結果から加速度センサでの位置推定は他の位置推定に補助的に使用するのが有用的であると考えられる。 また実験において数値積分を行う際に台形法を用いたが、中点法やシンプソン公式などその他の方法を利用し求めることで精度に違いがあるのではないかと考えた。 今後はより一層の精度上昇と計算方法の研究や地磁気センサ、ジャイロセンサなどから方位取得し1方向だけでなく3軸での位置推定を行えるよう研究していきたい。また加速度センサを複数組み合わせることでより良い結果が得られるのではないかと考えた。.

高周波・マイクロ波測定 大森 俊一/〔ほ. 無線機器測定法の実際: 高野/光祥‖共著: 電気通信振興会:. 平成20年3月期第3四半期の連結業績(平成19年4月1日 ~ 平成19年12月31日) (1)連結経営成績 (%表示は対前年同四半期増減率). 現在、屋外位置推定方法をして最も利用されているのはGPS(Global Positioning System)である。GPSから得られる位置情報を利用した様々なアプリケーションが開発されてきた。GPSシステムの基本原理としては、米国国防総省によって運行される「ナビスター衛星」と呼ばれる人工衛星が発信する電波を利用して、地球上の様々な物体の現在位置を測位している。衛星は24機が地球を周回しており、各衛星が自身の現在位置と現在時刻の情報を電波に乗せて発信している。その為、GPSの電波が届かない屋内や地下での利用ができない。 カーナビやスマートフォンなどに組み込まれている「GPS受信装置」は、ナビスター衛星のうち4機の衛星が発信する電波を受信することで、電波に乗っている情報から端末の現在位置、すなわち経度、緯度、海抜高度などを算出する仕組みになっている。 GPSの他に利用されている屋外位置推定方法には無線LANを用いた方法がある。携帯電話などの端末付近のいくつかの基地局から電波を受信し各基地局から受信する電波の強度が端末と基地局の距離によって変わることを利用し距離を算出している。しかし.

Rent and save from the world&39;s largest eBookstore. 無線機器測定法の実際 高野 光祥/共著. ArduinoとはAtmel社がリリースしているマイクロコントローラと最小限の周辺回路を備えたワンボードマイコンである。入出力ボードとProcessing言語で実装された開発環境を備えている。開発は年にイタリアで始まり、学生向けのプロトタイピングシステムを製造することを目的にスタートした。 大きな特徴としてはオープンソースハードウェアであり、ハードウェア設計情報から開発に使うソフトウェアも公開されている。Arduinoは様々なセンサからの信号を受け取ることが可能であり、センサ情報を利用した製品が数多く開発されている。 本研究ではAVRマイクロコントローラのATmega8が搭載されたArduino Unoを使用している。. 高周波計測 : マイクロ波通信から. Amazonで中川 永伸, 保田 和之の無線機器測定法の実際。アマゾンならポイント還元本が多数。中川 永伸, 保田 和之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 図3 これまでもポリマー性の分離フィルタなどはあったが、熱に弱く発電所などで使うのは難しかった。熱に強いセラミックフィルタならそれが可能になる。 「周期表のすべての元素を扱えるのがセラミックス研究の特徴です。有機材料や金属などの素材に比べると研究の歴史が浅いぶん、発見の余地が多いのも魅力ですね」(磯部助教) 固体表面を水滴が転落する速度を調べるため、独自に設計した評価装置(液滴転落挙動解析システム)。側方と上方に設置した2台のハイスピードカメラを同期させ、水滴の形状変化も測定。アルゴリズム開発も含め約2年かけて設計した。 左:表面/界面とプローブ間に働く弱い力を検知するためのセットアップ装置。 右:表面/界面の微細な構造や電位分布を、小さな針(プローブ)を使って計測評価する装置。. 5センチ先への移動を台形法や加速度センサの誤差を含まない場合の理想的な加速度グラフ、一回積分での理想的な速度グラフ、二回積分での変位グラフを示す。 そして今回速度0.

では、この超撥水はいかにして実現されるのだろうか。自然界にはハスの葉の上などで水滴が転がるという現象がある。これは葉の表面にある微細な凸凹に水をはじく働きがあるため。そこで様々な有機・無機材料の表面に凸凹をつけて水をはじく力を上げ(図1)、さらに撥水性の高いフッ素系、アルキル系の物質などをコーティングしていく。極めて小さいサイズでの凸凹構造の制御とコーティング剤の選択、配合、コート法などがポイントになる。 研究の過程で要になるのは、「ものつくり」と「評価・解析」だ。 「狙った機能を出すために、試料を細かくしたり、緻密に配列して狙った組成・構造の材料をつくる。このものつくりの部分は研究に欠かせません。また、研究を進める上では、つくった材料を評価するという部分も大切。日本の材料工学が世界をリードしているのは、評価技術が優れているのも理由の一つです。私がかつて米国へ留学して驚いたのは、向こうの評価装置がほとんど日本製だったことでした。日本では装置のねじ1本から自前で製作できる。当研究室でも、物体表面での水滴の挙動を調べるため、アルゴリズム開発なども含め、2年がかりで評価装置を自主設計しました」(中島教授). 水面上では電波反射などによる影響で電波が不安定になり情報伝達障害が発生する可能性がある。本研究では情報伝達障害の調査をする為の無線機器が水面上でどのように動いているか、以下の図のように水面上での位置情報取得のためのノード開発を行う。 本研究では水面上での位置推定技術を行うための基礎的な技術として、生活環境内での加速度センサを利用した位置推定を目的としている。 屋外における自己位置推定手法ではGPSにより人工衛星からの信号を受け取り、通信を行うことで数m~100mの測定精度で受信者の現在位置推定が可能となる。しかし屋内や地下施設等の電波が届かない場所ではGPSを使用できない問題点がある。その為GPSを利用せず、どのような場所においても高精度な位置推定を可能にする手法が求められている。 屋内位置推定手法では無線LAN(Wi-Fi)を用いてWi-Fiアクセスポイントの位置から測位するWi-Fi測位方法などがあるが 4)通常数メートルの誤差が生じ、さらに吹き抜けがあるビル内など条件によっては測位に不向きな場所がある。その他にもRFIDや可視光など多くの手法が検討されているがそれぞれに課題があり 2 )、標準的となる技術は確立されていない。 このように移動体の位置推定には様々な方法がある。広大な野外であればGPSがよく用いられるが、数センチ単位の測定では別の手法が必要となる。 本研究では上記のように最終目標を海面上の浮遊体の位置推定とする。その為、様々な測定方式のうちから加速度センサを選んだ。そしてArduinoと組み合わせたセンサノードを作成し、計測した。また加速度値から位置を推定するソフトウェアを作成した。その結果、僅かな計測の誤差から等速直線運動と静止状態の区別が難しくなるなど課題が明らかになった。 章の構成は2章では現在の位置推定方法や本研究と関連する研究を述べている。3章では本研究で使用した実験機器についての説明、4章では実験でのハードウェアやソフトウェアのシステムについて述べている。5章では実験内容、結果、考察を、最後に本研究のまとめを6章で述べている。. Webcat Plus: 高野 光祥. 「フレッツ光」とよく目にするけど、自分はインターネット初心者だからよく分からないという人、そもそもフレッツ光は何がいいの?という人、いませんか?そんな素朴な疑問を分かりやすく解説します。フレッツ光の簡単お得な申し込み方法についても説明しますので、インターネット初心. 『無線機器測定法の実際』(中川永伸) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は6人のユーザーが本棚に登録している、情報通信振興会から本です。. 温暖化や大気汚染・水質汚染といった地球環境問題がいよいよ深刻化するなか、対策の切り札となる新技術への期待が高まっている。この環境問題の改善・緩和に“材料”の視点から取り組んでいるのが、大学院理工学研究科 材料工学専攻の中島・松下研究室だ。 「“環境材料の研究”というと、リサイクルしやすい材料や自然に分解される材料など、環境に調和した材料を開発することだと思う人が多いかもしれません。でも役割は、実はそれだけに留まらない。例えば大気中や水中にある有害物を分離・分解したり、微量有害物の測定を可能にしたり、CO2の排出抑制や省エネルギーに役立ったり―。こうした環境問題に直接貢献できる材料の開発や、省エネルギー化を実現するプロセスの研究は、すべて環境材料の研究であると私たちは考えています」 この非常に広範な研究を進める上で、中島・松下研究室が着目しているのが「表面/界面科学」のアプローチだ。物質の表面/界面は光・熱・電子などとの直接的な接点であり、様々な化学反応が起こる「場」でもある。その構造や組成を上手く制御すれば、固体に本来はない性質を付与したり、固体が持っている性質をさらに高めることが可能になる。 「物質の表面は外界とのインターフェースであるため絡む要素も多く、また内部とは異なる構造を持つことも珍しくない。ミクロの構造の違いが目に見えるマクロな機能の違いとして出るという特徴もあります。そこが研究の面白さでもあり、難しいところでもありますね」(中島教授) そうした特徴から、近年では物質の電子構造に基づくナノレベルの研究が主流となっており、原子の挙動や安定性までに踏み込んだ研究で多くの成果が生まれているという。. 可視光通信の応用法の一検討 ・・・ 相澤 周・冬爪 成人・宮保 憲治(東京電機大) 10: Einarsson符号を用いる光無線コードシフトキーイングの検討 ・・・ 春名 智文・羽渕 裕真(茨城大) 11: 多値拡散符号による雑音強調抑圧における伝搬路推定誤差の影響 実験を行ってみて、速度が高いほどより正確な加速度データを取得することが出来ることがあった。その為、今後の実験ではレンジの設定を見直すことや、より精度の高い加速度センサを使用することが求められるだろう。 またどの速度のグラフにおいても移動後に加速度が0になるまでに時間がかかっていることが分かる。 これらの原因としては加速度センサの特性として速度が急激に変化した後に加速度がすぐに0の状態にならないことが考えられる。 その他にも速度が遅い場合実験に時間がかかってしまう為、誤差が蓄積し、良い結果を得ることができなかった。 よって実験結果より加速度センサを使用する場合、大きな衝撃が加わる環境など加速度値が大きい場合に位置推定への利用に有用的であることが分かる。 また今回の実験において測定開始地点から1.

森屋 俶昌/共著. 茨木 悟(190. 高周波基礎測定 大森 俊一/著 アマチュア無線の測定技術 小沢 康/著 解説無線測定 中村∥新太郎(1. Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス. 解説無線.

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; 無線機器測定法の実際. 問合せ先責任者 IR推進部長 高野 光祥 tel半期報告書提出予定日 平成19年12月25日 配当支払開始予定日 平成19年12月4日 (百万円未満切捨て) 1. ムセン キキ ソクテイホウ ノ ジッサイ. 『無線機器測定法の実際』や『無線機器測定法の実際』など中川永伸の全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品が. 電波に関する実際の測定法解説書の決定版 無線機器測定法の実際 財団法人 テレコムエンジニアリングセンター監修 高野光祥、中川永伸共著 年に電気通信振興会から発行された無線機器測定法のテキストです。. 無線機器測定法の実際 - 高野光祥 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 無線測定 。 分類 。 郷土分類:548. 無線機器測定法の実際: 著作者等: 中川 永伸 無線設備検査検定協会 高野 光祥 テレコムエンジニアリングセンター: 書名ヨミ: ムセン 無線機器測定法の実際 - 高野光祥 キキ ソクテイホウ ノ ジッサイ: 書名別名: Musen kiki sokuteiho no jissai: 出版元: 電気通信振興会: 刊行年月:.

電気通信振興会,. 無線機器測定法の実際 - 高野光祥のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!. 18 。 ndc8 版:547. · Get Textbooks on Google Play. 平成19年9月中間期の連結業績(平成19年4月1日 ~ 平成19年9月30日). 1: ページ数: 331, 5p. 高野光祥, 中川永伸共著. CiNii Articles - 日本の論文をさがす.

若井 一顕/著 無線機器測定法の実際 中川 永伸/共著. See full list on admissions. 本研究で使用した加速度センサはSparkfun社製でInvenSenseのMPU-9150を搭載した9軸センサモジュールである。 MPU-9150は3軸ジャイロセンサと3軸加速度センサ、複雑な9軸MotionFusion アルゴリズムの処理を行うDigital Motion Processor、そして3軸デジタルコンパスのAK8975を一体化した2つのチップを組み合わせたパッケージシステムとなっている。またその他の機能としてオンチップデジタル温度センサが備わっている。 MPU-9150にはジャイロセンサと加速度センサの出力をデジタル化する為の16ビットアナログ - ディジタルコンバータ(ADC)、磁力計をデジタル化する為の13ビットADCが内蔵されており、各センサの為のローパスフィルタを持っている。出力されたデータはDMP(Digital Motion Processor)を使用することで6軸分のセンサデータから計算した姿勢出力や四元数を得ることも出来る。本研究ではこのDMPという機能を使用して加速度計測を行った。 また、デバイスでの全ての通信は400kHzのI2Cを使用して行わ. 無線測定演習 : 上級無線従事者用 阿部 満夫/共著.

大阪大学大学院基礎工学研究科の村田博司准教授がリーダーを務めている日欧国際連携共同研究プロジェクトrapidは、大阪府吹田市の市立吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪本拠地、40,000人収容)において、大規模サッカースタジアムとしては世界で初めてミリ波を用いた次世代(5g)無線. 社団法人電子情報通信学会 第3世代移動通信システムの無線回線設計を行ううえで,適用が計画されている2GHz帯のアンテナ受信雑音(熱雑音,都市雑音等)を定量評価することが重要である. · 無線機器測定法の実際 by 高野 光祥, 中川 永伸; 新訂 フランス語で歌いましょう―発音のてびき by 福井 芳男; フランス文法入門ハンドブック by 野村 二郎; 人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか by 土肥 志穂. グリッドディップ・メーターの使い方. 第1級無線技術士用 電気磁気測定: 博田五六・石井正博: 絶版/函/ビニカバー: 昭51: 3500: 無線従事者教育教会: 第1級無線技術士用 無線機器 上下揃2冊: 杉山利光・渡辺功・沢田順弘: 絶版/函/ビニカバー: 昭52: 9000: 無線従事者教育教会: 交換システム工学 現代. 4 ArduinoIDEプログラム内容. See full list on net. 8/p 0: 画像情報処理工学: 塩入/諭‖著: 朝倉書店:.

518 。 ndc9 版:547. frbrent:. 無線機器測定法の実際 高野 光祥/共著. CiNii Dissertations - 日本の博士論文をさがす. 8/n 3: 入門画像工学: 大関/和夫‖著: コロナ社:.

研究をする上で3人の先生が心がけているのは、周辺領域を幅広く勉強し、現場に目を配ることだ。例えば実験を行っている学生の話も、起きている現象の本質を掴む上で大いに参考になるという。もうひとつ共通しているのは、粘り強く前向きに研究に取り組む姿勢だ。 「苦労して材料をつくっても、狙いとは違った性質が出てしまうことは多々あります。そうしながらも研究を続けていると、『この問題について、自分が世界で初めて理解できた』と思える瞬間が来る。ただ、その瞬間は待っているだけでは訪れません。諦めなければ研究は必ず前進する、と信じて努力を続けることが大切ですね」(中島教授) ハードな研究の日々のなかで前向きな姿勢を保ち続けていられるのは、「環境を良くする」という熱い思いを共有しているから。松下准教授も、「毎日、宝探しのような試行錯誤を続けているとくじけそうになることもありますが、そんなときも娘の笑顔を見ると、『この子たちが安心して暮らせる環境を』と考えて研究に力が入ります」と語ってくれた。 人間の強さの源のひとつは、科学や技術を持っていること。科学者が諦めてしまったら、人類の歩みがそこでストップしてしまう--。中島・松下研究室のメンバーは、そんな使命感を持って環境問題に取り組んでいる。共通テーマである表面/界面科学の特徴は、ミクロな違いがマクロな機能の違いを生み出すこと。東工大の研究室という、いわばミクロな場所での研究が触媒となって、地球環境の改善というマクロなテーマに大きなインパクトを与えられるように、これからも研究は続いていく。 (年取材). 八十光彩 - 高野光日本画集 - 高野光 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお. 屋外位置推定方法に比べ、屋内位置推定方法では様々な技術が検討されているが現在一般的に利用されている技術は存在しない。現在、屋内位置推定方法では無線LANの電波強度、RFID、超音波、可視光、加速度などのセンサを利用したものなどが検討されている。 電波強度を利用したものでは事前に機器のデータベースを構築する必要性がある。RFIDや可視光を利用した方法では携帯電話やスマートフォンでは外部インターフェースを接続する必要がある。 本研究では現在iPhoneやAndroidなどスマートフォンにも搭載されており、また基地局などにも関わらず測定することが可能な加速度センサ,地磁気センサ,ジャイロセンサを用いて位置推定を行った。センサを使った位置測定での課題としては時間が経過すればするほどに誤差が蓄積すること、地磁気センサを利用する際は残留磁場の影響を受けやすいなどが挙げられる。. CiNii Books - 大学図書館の本をさがす. 無線機器測定法の実際: 著者: テレコムエンジニアリングセンター 監修: 著者: 高野光祥, 中川永伸 共著: 著者標目: 高野, 光祥: 著者標目: 中川, 永伸: 著者標目: 無線設備検査検定協会: 出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 電気通信振興会: 出版年月. 高周波・マイクロ波測定 大森 俊一/〔ほ. 出典 Sources 無線機器測定法の実際 / テレコムエンジニアリングセンター 監修 ; 高野光祥, 中川永伸 共著 奥付. スポンサード リンク アンテナ測定装置および方法 スポンサード リンク 【要約】 【課題】各ビームに符号を重畳させることによって効率的に同時測定を行う測定方法において、グレーティングローブによる他ビームへの影響を排除しつつ測定することのできるアンテナ測定装置および方法を.

無線機器測定法の実際 - 高野光祥

email: riquci@gmail.com - phone:(447) 129-9853 x 3516

Drawing Diary Heavy 赤 2020 - 変化への挑戦

-> やせる!若返る!美肌になる!氷コンニャク超美味レシピ - 橋爪佐和子
-> 土の香 新潟県方言集

無線機器測定法の実際 - 高野光祥 - 群馬県模擬テスト国語


Sitemap 1

流通のナレッジ - 内山力 - 心にひびくマンガの名言